川柳展望 ネット句会

結果発表


2023年1月 吉崎柳歩選

 課題 「飾る」

 集句 125句 

 入選 12句(うち佳句3句、秀句2句)


入選句

1   飾らない性格だけど厚化粧     船岡 五郎                          

2   生前を飾る言葉は聞けぬ死者    戴 けいこ                         

3   有終の美を飾らせている弔辞    西山 竹里                        

4   飾られた美談が独り歩きする    赤松 重信                         

5   生真面目に親の写真を飾る部屋   天根 夢草                         

6   お飾りの来賓とてもよく喋る    木村 行吉                     

7   トイレにはトイレに似合う花飾る  青砥 たかこ                    

佳句  お雛様飾りそこだけ春にする         村上 佳津代                       

佳句  貧相に見られぬ程度には飾る         橋倉 久美子                         

佳句  飾っても自慢できない参加賞         西岡 ゆかり                    

秀句  耳飾りつけ貧相になった耳          天根 夢草                     

秀句  着飾って弾かなくていい駅ピアノ  芦田 敬子                   

選 評

佳句  お雛様飾りそこだけ春にする    村上 佳津代

 3月の声を聞いてもまだまだ寒い。炬燵もストーブもまだ片づけるわけにはいかない。だが、雛人形を飾るとたちまち春になる。「そこだけ」が効いている。  

     

佳句  貧相に見られぬ程度には飾る    橋倉 久美子

 貧相に見られるのは家ではなく自分自身なのだろう。生まれつきなのか寄る年波のせいなのかは不明だが、貧相なのを自覚している。健気ではないか!       

      

佳句  飾っても自慢できない参加賞    西岡 ゆかり

 参加したら猫でも杓子でも頂ける参加賞。貰ったら嬉しい参加賞なら無きにしもあらずだが、飾って自慢できそうな参加賞は確かに少ないだろう。 

        

秀句  耳飾りつけ貧相になった耳     天根 夢草

 本人は、耳飾りを付けて輝きを増したと思っているのに、耳が貧相になったと言う。「福耳になった耳」と詠んでくれてもいいのに、川柳作家とは意地の悪い人種なのだ。

 

秀句  着飾って弾かなくていい駅ピアノ  芦田 敬子

 発表会や演奏会なら「着飾って」弾かなくてはならないだろう。駅ピアノも同じ公衆の面前で弾くものなのに、なぜ着飾らないでいいのだろう? 同じ公衆でも「通りすがりの人たち」で、演奏料も取れないからか?